風俗教えまっせ!

風俗の事を体験談でお伝えします!

叶えられない欲望を風俗で果たすのです

投稿日:2016年10月26日

お客さんが性風俗に足を運ぶ理由を考えてみました。奥さんや恋人では満たされないから、奥さんや恋人では叶えられないようなプレイが風俗では実現できるから、確かに、恋人に学生の時の制服を着てセックスしたいとはなかなかいえないでしょう。奥さんに、用意したナース服を着せようとすれば、そこから家庭崩壊が始まってしまうかもしれません。ましてや、そのような性癖があるのは、なるべくなら妻や恋人には、ばれてはいけません。ですから、コスプレフェチなどの趣味がある人は、風俗でその夢を叶えるしかないでしょう。わたしもそんな趣味をひっそりと隠し持っている人間のうちの一人です。妻にメイド服を着てもらいたくてたまらないのですが、うちの妻はコスプレなんて受け入れてくれそうもないので、お気に入りのデリヘル店を使って、そこで可愛いノリのいい女の子にメイド服を着てもらうんです。デリヘル店の女の子は妻よりもずっと若いですし、メイド服がとても似合っていてかなり興奮できます。

奥さんや彼女に求めてはいけません

何故、男性は性風俗に行くのでしょうか。それは、性風俗では非日常が体験できるからにほかなりません。自分の彼女には到底なることはないであろう手の届かない高嶺の花の美女が、エッチなサービスをしてくれるという非日常感を体験できるわけですから当然といえるでしょう。その時間だけ恋人気分や王様気分を味わえるからなのです。そして、奥さんや彼女には見せられない内緒の性癖や願望を満たしてくれるのは風俗しかありません。普通にやってしまえば人格を疑われるようなことでも風俗では当たり前のこととして受け入れてくれるのです。自分も彼女に言えない性癖を隠し持っています。それは、女の子のお尻の穴の臭いをかぎたいという性癖です。こんなこと彼女に申し出たら引かれることうけあいなので、デリヘル嬢に頼んでお尻の穴の臭いをかがせてもらっています。ぶっちゃけ排泄物の臭いとかする時もあるんですけど、それがたまらないんですよね。我ながらとんでもない性癖だと思います。