風俗教えまっせ!

風俗の事を体験談でお伝えします!

お客さんの射精の手助けをするだけではありません

投稿日:2016年9月29日

風俗に行くということは、射精だけではあまりにも空しいということですね。こうした欲求はもはや単に射精だけという生理的欲求をはるかに飛び越えているのです。家庭や社会生活では満たされない自己を承認いてくれる欲求や自己を実現する欲求という上のニーズを満たすものだといえるでしょう。射精させるだけではなく、いかに気持ち良く射精に導くか、いかにお客さんの妄想を実現させることができるか、いかに恋人気分を演出するかを考えなくてはいけません。そして、いかにお客さんを心から癒やしてあげられるか等、こうしたお客さんのさまざまな高度なニーズを満たしてくれるからこそ、お客さんはわざわざ風俗店に足を運ぶし、そうした欲求を実現させることができる風俗店が厳しい競争に勝ち残っているのです。そのことをよくわかっているデリヘル店がありましてね、わたしはよくそのデリヘル店を使うんです。毎回最高のおもてなしをしてくれるので、満足感で満たされます。

口コミで広まり、集客効果が高まるのです

多くの美人の女の子を揃えて、質の高いサービスを提供すれば、たとえ料金が高くてもお客さんはたくさん来店してくれます。そうなってくると経営者も左うちわで風俗店の経営ができるのですが、現実はそんな甘いものではありません。多くの美人の女の子を揃えるにはそれだけの資本力や特別な求人ネットワークが必要となります。風俗店をゼロから立ち上げる際には、初めからたくさんの美人の女の子が集まるわけがありません。立ち上げ時が数少ない戦力である、風俗嬢をいかに商品価値として高めるか、それが経営者の腕のみせどころとなります。そんな中で私は完璧なデリヘル店を最近見つけてしまったんです。在籍している女の子は揃いも揃って美人で、いつ利用しても、フリーで利用しても美人がやってくるんです。接客態度も申し分ありません。それに何がいいかって、予約の際のスタッフの対応ですね。お客さんを大切にしているのが伝わってきます。このようなお店がもっと増えればいいんですけどね。